イナムラ歯科医院

WEB予約
INAMURA D.C. BLOG

ポリリン酸ホワイトニングとは?デメリットや従来との違いを解説!おすすめ歯医者もご紹介

歯科業界で注目の『ポリリン酸ホワイトニング』。安全性が高く、自然な白さを実現できるとメリットが多く注目を集めています。しかし一方でデメリットはないのかと気になる方もいらっしゃいます。

そのため、この記事では
「ポリリン酸ホワイトニングって何?」
「従来のホワイトニングと何が違うの?」
と興味を持つ方へ、ポリリン酸ホワイトニングのデメリットや従来のホワイトニングとの違いを解説します。

ホワイトニングは、メリットだけでなくデメリットも理解し、自分に合った方法を選ぶことが大切です。おすすめの歯医者もご紹介するので参考にしてください。

ポリリン酸ホワイトニングとは?

ポリリン酸ホワイトニングは「ポリリン酸成分」の性質を活用して歯を白くする、最新のホワイトニング技術です。※ポリリン酸成分については後ほど詳しく解説します。

とくに、ヤニや茶しぶなどの着色汚れ除去に効果を発揮します。同時に、歯をコーティングする特性によって、自然な透明感と歯本来の輝きが得られます。

さらに、施術時の「痛み」が非常に少ないのも特徴。

痛みのストレスを感じることなくホワイトニングできるため、痛みや苦手な方におすすめの施術方法といえるでしょう。

【デメリット】ポリリン酸ホワイトニングのデメリットは?

結論からいうとポリリン酸ホワイトニングは効果は間違いありません。ただし、デメリットも同時に把握することが大切です。

  • デメリット① ポリリン酸ホワイトニングの持続期間はやや短め
  • デメリット② ポリリン酸ホワイトニング取扱いの歯医者が少ない

順に見ていきましょう。

デメリット① 黄ばみが強い人は複数回の施術が必要

喫煙、コーヒーや赤ワインなどの色素の強い飲食物の摂取、加齢などによって黄ばみが強い場合、ホワイトニングを複数回行うことが必要です。

ポリリン酸ホワイトニングに限らずですが、長期間にわたって上記の習慣が蓄積されることによって、歯の表面だけでなく内部にも色素が沈着し、1回のホワイトニングでは十分な効果が得られないことがあります。

歯の内部に染み込んだ色素を完全に取り除くために、オフィスホワイトニングを数回行い、その後ホームホワイトニングで継続的にケアすることが効果的です。それらの組み合わせにより持続的な白さを実現することが期待できます。

デメリット② ポリリン酸ホワイトニング取扱いの歯医者が少ない

ポリリン酸ホワイトニングを取り扱う歯医者は、まだ少ないのが現状です。

大きな理由は、機器導入やスタッフの技術習得にコストと時間がかかるため。

ポリリン酸ホワイトニングの説明を明確にできる医院やスタッフも多くなく、きちんとした情報が届いていないことが認知がまだまだ広がっていない要因です。都市部では増える一方で、地方ではまだまだ少ないのです。

今後、メリットや効果が広まれば、導入する歯医者も増えると予想されます。

【メリット】ポリリン酸ホワイトニングは『歯に優しく安全性が高い』

ポリリン酸ホワイトニングには、多くのメリットがあることをご存知ですか?主なメリットは以下の3つです。

  • ①透明感のある白さで自信が持てる
  • ②安全性が高く痛みが少ない
  • ③歯面の汚れがつきにくく虫歯予防になる。

順に見ていきましょう。

メリット① 透明感のある白さで笑顔に自信が持てる

ポリリン酸ホワイトニングは、自然で透明感のある、美しい白さを生み出します。笑顔に自信が持てるようになるでしょう。

「歯がきれいじゃないから笑顔に自信がない」という方も、笑顔に自信が持てればコミュニケーションが増え、生活や仕事で良い影響をもたらします。笑顔は周囲の世界を変える力があるのです。

メリット② 安全性が高く痛みが少ない

ポリリン酸は安全性が高く、施術中の痛みが少ないのが大きなメリットです。

食品添加物として体内に取り込んでも安全な酵素の一種で、もともと生体内にも存在します。歯の内部まで強力に白くしないため、痛みが少ないことが特徴です。

痛みが苦手でホワイトニングに踏み出せなかった方に、おすすめですよ。

メリット③ 歯面の汚れをつきにくくして虫歯予防に

ポリリン酸の効果で歯面に汚れがつきにくくなり、虫歯予防にもつながります。

ポリリン酸ホワイトニングは、歯の表面の着色汚れや細かい汚れをクリーニングした後、強力なフッ素コーティングを行います。このため、歯面に汚れがつきにくくなり、虫歯予防にもつながります。

結果として、健康的な歯を保つことができるのです。

『ポリリン酸ホワイトニング』は従来のホワイトニングと何が違うの?

ポリリン酸ホワイトニングと従来のホワイトニングの違いは、以下の通りです。順に解説します。

  • ホワイトニングの違い① 決定的な違いは「痛みがない」こと
  • ホワイトニングの違い② 「自然な白さ」
  • ホワイトニングの違い③ 「歯を守る」
  • ホワイトニングの違い④ 「低価格」

ホワイトニングの違い① 決定的な違いは「痛みがない」こと

従来のホワイトニングとの決定的な違いは「痛みがない」ことです。

従来の方法に使われる「過酸化水素」は、毒物及び劇物取締法の劇物リストに記載がある、強力な漂白成分*。

強い作用から、歯の表面や内部の象牙質にまで浸透します。そして、象牙細管を刺激してしまい痛みとなって表れるのです。

これに対し、ポリリン酸は生体にもともと存在する成分です。歯にも優しく、痛みはほとんどありません。

*厚生労働省「過酸化物を用いた歯面漂白材の取扱いについて」
https://www.mhlw.go.jp/web/t_doc?dataId=00ta7849&dataType=1&pageNo=1

化学物質と法規制研究所「劇物リスト 毒物及び劇物取締法」https://www.chemical-substance.com/dokugekiho/gekibutsu.html#:~:text=10-,%E9%81%8E%E9%85%B8%E5%8C%96%E6%B0%B4%E7%B4%A0,-11

ホワイトニングの違い② 「自然な白さ」

ポリリン酸ホワイトニングは、歯本来の自然で透明感ある白さを取り戻し、とくに「ハイブリッドポリリンホワイトニング*」ではプラチナナノコロイドの効果で、キラキラとした輝きが生まれます。

また、単に汚れを浮かすだけでなく、歯をコーティングしエナメル質を強化する機能も持ちます。

そのため、立体的で自然な輝きを持つ歯に生まれ変わり、笑顔も一層自信を持てるでしょう。

*イナムラ歯科医院「従来のホワイトニングとの違い」
https://inamura-dc.com/medical/whitening

ホワイトニングの違い③ 「歯を守る」

ポリリン酸は歯を強化し、汚れをつきにくくする効果があり、ホワイトニングと同時に歯を保護します。

とくに「CAPシステム」(のちに詳しく解説)により、歯の表面を強化し、歯質保護が可能となりました。

定期的な歯の掃除と組み合わせることで、大切な歯を一生守ることができます。

ホワイトニングの違い④ 「低価格」

ポリリン酸ホワイトニングは、1万円台〜5万円台という手頃な相場です。

通常、従来のホワイトニングは1回あたり約3万円から7万円程度で、時には10万円以上になることも。

保険は適用されず、薬剤や機器によって費用が異なります。また、歯医者によって料金が自由に設定されるため、事前に問い合わせをするのがおすすめです。

イナムラ歯科のポリリン酸ホワイトニングはこちら >>

ホワイトニングはしない方がいい?ポリリン酸ホワイトニングの注意点

ポリリン酸ホワイトニングを実際に行う前に、注意点をお伝えします。

  • 注意点① 知覚過敏を起こすリスクをがある
  • 注意点② オフィスホワイトニング(歯医者での施術)でもケアが必要

なお、オフィスホワイトニングとは、資格保有者(歯科医師や歯科衛生士)が歯科医院で行う専門的な施術です。

注意点① 知覚過敏を起こすリスクをがある

どんなホワイトニングでも知覚過敏を引き起こす可能性は付き物。しかし、ポリリン酸ホワイトニングは歯に優しい成分を使用するため、従来の方法に比べてそのリスクは低いといえます。

知覚過敏や痛みを感じやすい方にも痛みが少なく、安心して施術を受けられる方法です。

知覚過敏でホワイトニングに不安を感じる方は、ポリリン酸ホワイトニングを検討してみてはいかがでしょうか。

注意点② オフィスホワイトニング(歯医者での施術)でもケアが必要

オフィスホワイトニングでポリリン酸ホワイトニングを受けた後も、歯の白さを維持するには日々のケアが不可欠です。歯磨きを丁寧に行い、定期的なメンテナンスを受けましょう。

また、着色を促進する可能性のあるコーヒーやタバコなどの摂取もあまりおすすめしません。

歯科医師の指導に従い、適切な口腔内ケアを続けることが白い歯を保つ秘訣です。

オフィスホワイトニングなら『ポリリン酸ホワイトニング』がおすすめ!

オフィスホワイトニングなら「ポリリン酸ホワイトニング」がおすすめです。歯に優しく安全性が高いポリリン酸ホワイトニングが注目される理由には、以下が挙げられます。

  • ポリリン酸ホワイトニングがおすすめな理由①「国際特許」
  • ポリリン酸ホワイトニングがおすすめな理由②「CAPシステム」

ポリリン酸ホワイトニングがおすすめな理由①「国際特許」

ポリリン酸ホワイトニングは、特許出願が国際的に公開され、その効果と安全性が世界的に示されている成分です。

とくにハイブリッドポリリンホワイトニングは、国際特許(WO)を持つ成分を使用*。「WO」とは、国際出願をした特許に付される記号で、グローバルな市場での活用を見越した特許を意味します。

認知度の向上により、ポリリン酸ホワイトニングは今後ますます注目を集める分野となるでしょう。

*HYBRID PORIRIN「【公式】ハイブリッドポリリンホワイトニングについて」
https://poririn-whitening.jp/aboutus

ポリリン酸ホワイトニングがおすすめな理由②「CAPシステム」

先述の「CAPシステム」は、ホワイトニング効果を最大限に引き出すと同時に歯を強くする、という革新的な方法です。

要は「歯の再石灰化の促進システム」。

歯表面の汚れをクリーニングしエナメル質を露出させた後、ハイドロキシアパタイト(エナメル質の96%を作る成分)を作用させ、最後にフッ素コーティングを行います。

上記により、歯を白くしながら歯質を強化し、強石灰化層を形成することが可能となったのです*。

*CAPシステム「歯科 CAPシステム フッ素予防の概念を変えるシステム誕生」
https://cap-system.jp/aboutus

ポリリン酸ホワイトニングの歯医者をお探しなら『イナムラ歯科』へ

青森県三戸郡の『イナムラ歯科医院』は、ポリリン酸ホワイトニングを採用し「安全・痛くない・白くなる・歯を守る」施術をご提供しています。

当院のテーマは「Well being=より良く生きる」。健康な人生を願い、笑顔に自信を持って過ごしていただけるよう、丁寧なカウンセリングを大切にしています。

予防歯科・審美歯科を通じて、皆さんの生活の質を向上させるお手伝いをしています。何かお悩みやご相談があれば、ぜひ一度お気軽にご来院ください!

イナムラ歯科のポリリン酸ホワイトニングはこちら >>